ダイナブックの基盤修理

いわずと知れたNEC Tokin ブロードライザの修理です。これで3台目です。パソコンの修理もアップしていこうと思います。SEO的に必要だそうで。トホホ。

ダイナブック2008年から2009年の一部機種にブロードライザが使われていますがそいつの経年劣化による電源プツプツ状態です。半月くらいイベントビューアとにらめっこ。KP41を探っても解決に至らなかったので原因の特定には苦労しましたが、とある記事の出会いから突破口が開いた次第です。

新ブロードライザへの交換は無意味です。なぜなら同機種の部品は同じくしてトラブルを引き起こすからです。交換は 330μF 2.5V のタンタルコンデンサーならなんでも良いです。私は壊れた別の基板から引っ張ってきました。大は小を兼ねるかもしれないのでいつか470
μFを使ってやろうと思ってます。パソコン基盤のハンダはやたら硬いのでキライですが最近手に入れた柔らかめのハンダを使ったらすんなりとくっ付きました。

ただいまテスト中。でも多分もう大丈夫です。御覧になった方で同じ症状かもと思われたら是非お電話ください。お値段4860円(10へアップグレードも込み)です。

パソコン修理は分解がメンドーっすねー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です